バカラで負け続ける人の共通点とは?

バカラは、オンラインカジノのなかでも最もメジャーなゲームです。
莫大な金額が動く、バカラにおいて、一攫千金をせらっている人も多いのではないでしょう。ルールもシンプルで、分かりやすい。そして、おおよそ半分の確率で勝つことができる。とても魅力的なゲームですが、オンラインカジノ:バカラで、「必ず負け続けています人の共通点」があったとしたら、気にならないでしょうか?
バカラ

バカラの遊び方をおさらい

バカラは、「プレイヤー」と「バンカー」で行われるゲームの勝敗を予測し、三択に賭けるゲームです。他のギャンブルとの異なる特徴は、自分でプレイすることはなく、あくまでも「仮想プレイヤー」と「バンカー(カジノ)」が行う戦略なく、機械的にルールに沿って進めるゲームを外部からみて、結果だけを予測するというゲーム性です。

勝負は、2~3枚配られる手持ちカードの合計の下一桁が、「9」に近い方が勝ちとなります。細かなルールの特性上、「引き分け」になる確率は低く、基本的には「どちらかが勝つ」の二択、約50%の確率で勝てるゲームともいえます。
バカラの遊び方をおさらい

バカラで負け続ける人の共通点

では、オンラインカジノ:バカラで、「ほぼ確実に負け続けてしまう人がいる」のをご存知でしょうか。ギャンブルを行っている以上、負けたいという人はおらず、勝ちたい、儲けたいと思っている人がほとんどでしょう。そのため、プレイヤーによって、ギャンブルに対する考え方や手法は千差万別ですが、共通して言えるのが、「バカラで、ほぼ確実に負けてしまう方法」があります。

それは、「同じ金額をひたすらかけ続け、長時間プレイし続けること」です。
仮に、ミニマムベッドが100ドルのバカラがあったとしましょう。そのテーブルで、勝っても負けても、ずっと毎回100ドルかけ続ける。、明確な上限を設けず、この賭け方を何時間も続ける。これがゲームを続ければ続けるほど、負けに近づいていってしまう手法です。

同じ金額(今回で言うと100ドル)をかけ続けたとしても、もちろん勝てるときはあります。特に、今回説明するバカラは、すごくザックリ言えば、50%に近い確率で勝てるゲームなので、その人の運さえよければ、勝って終わることも、全く不思議ではありません。
ただ、それでは安定しないのです。仮に今日は1,000ドル勝ったとしても、同じ方法を続ける限り、明日には3,000ドル負けるかもしれない。多くのギャンブラーの目的は、その1日だけをプラスで終えるのではなく、トータルで見て、プラスで終えることのはずです。この方「盲目的にかけ続ける」方法だと、結局、続ければ続けるほど、負ける確率が高くなってしまうのです。

「このどちらに転ぶかわからないのがバカラの魅力、カジノの、ギャンブルの面白さだ」と言ってしまえばそれまでですし、その考え方は全く否定されるべきものでもありません。ギャンブルの臨み方は人それぞれで、何の問題もありません。
しかし、多くの人に求められているのは、「楽しいギャンブル」というよりも、「勝てるギャンブル」なのではないでしょうか。ギャンブル特有の、バカラ特有のスリルを楽しむことももちろんですが、いかに長く、いかに安定して勝ち続けることができるか、こそが至上命題なのではないでしょうか。

バカラで負け続ける人の共通点

勝つ確率を上げるには、「工夫」が必要

では、勝ち続けることを重視したバカラの戦い方とは、いったい何が必要なのでしょうか。大切なのは、「なんとなくプレイする」のではなく、「自分なりに考えて様々な手法を試していく」ことです。最も代表的な例に挙げられるのが、ベットシステムの活用です。

ベストシステムとは、あるルールに則り、掛け金を変えていくという考え方です。有名なベッドシステムを上げると、
①1-3-2-6法(ゲームに勝つたびに、掛け金を増やしていく。3倍→ 2倍→ 6倍の順番に。ただし途中で負けた場合は、1倍に戻す)
②2-1-2法(ゲームに勝つたびに、掛け金を増やしていく。2倍→ 1倍→ 2倍…の順番に。)
③マーチンゲール法(ゲームに負けるたびに、掛け金を倍ずつ増やしていく方法。1倍→2倍→4倍→8倍)
などが挙げられます。

どのベッドシステムがあなたに合っているかは、人それぞれですし、どのベッドシステムを使うからといって必ず勝てるわけでもありません。あなたが攻めやすい方法を、まずは見つけるのが良いと思います。
そして、いきなりオンラインカジノのバカラでこれらの方法を試すのではなく、まずはスマホの無料アプリをダウンロードして、これらの手法を試してみるのはいかがでしょうか。もちろんお金はかけずに何度も挑戦し、あなたに合ったベッドシステムを探してみてください。

「賭け方」を工夫する

ベットシステムのほかに、賭け方を工夫するという方法もあります。
バカラの場合、プレイヤーの勝ち、バンカーの勝ち、引き分けの3択にかけることになります。そこで、「プレイヤーにしか賭けない」という考え方です。理由の一つは、バンカーに賭けて勝った場合、テーブルのルールにもよりますが、手数料を数%取られることがあるため、勝つか負けるかの確率がおよそ半分、50%なのであれば、期待値を少しでも高めるために、バンカーではなく、常にプレイヤーに賭け続ける、という発想です。
これは、あくまでも一例ですし、もちろんこれが必勝法と言うわけではありません。あくまでも1つの考え方ですが、参考にはしていただけるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
カジノで負け続けてしまう人の特徴は、「何も考えずに、ただただ同じ金額を長時間かけ続けること」です。オンラインカジノ:バカラ初心者の人は、もちろん勝ちたいはずです。まずは、「脱・なんとなく」、自分なりに考えて、自分に合った手法を身につけた上で戦うことが、何よりもカジノ初心者、バカラ初心者の第一歩ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です