誰でも熱狂できるカードゲーム

オンラインカジノのビデオポーカーをプレイしよう

オンラインカジノのビデオポーカーをプレイしよう

オンラインカジノのビデオポーカーは、馴染みのあるゲームです。
トランプを使ったカードゲームで、誰かと対戦をするわけではなく、自分で組み合わせを作り強い役を作れば賞金が貰えるというゲームです。
オンラインカジノのゲームの中でもハウスエッジが低いという特徴があり、それだけ勝ちやすいギャンブルゲームです。

カジノのゲームの中でも、戦略を駆使して遊ぶことが出来ますし、色んなルールがあってバリエーションが豊富なのもあり、非常に人気が高くなっています。

オンラインカジノをこれから始めるなら、ぜひビデオポーカーでも遊んでみましょう。

ビデオポーカーのゲームのルール

ビデオポーカーのゲームのルールは意外とシンプルです。
まずは、5枚のカードが配られますので、そのカードをホールドするかどうか決めます。
その他のカードは捨てることが出来ますので、新たなカードをもらいます。
そして、強い役を組み合わせで作っていきます。

チェンジと言って、全てのカードを入れ替えることも出来ますし、新たに5枚組み合わせで作ることも出来ます。

役の種類を知っておこう

オンラインカジノのビデオポーカーを行う上で、知っておきたいのが役の種類です。

まずは、ワンペア、ツーペア、そしてスリーカード、フォーカードがあります。
これらは、ペアを作り後はバラバラの数字でも問題ありません。
そして、フラッシュと言って、同じマークが5枚揃ったもの、そして、連続して数字が5枚並んでいるものが、ストレートといいます。

2枚、3枚のペアの組み合わせがフルハウスとなります。

同じマークで、連続した数字が並ぶものをストレートフラッシュと呼び、それよりも強い組み合わせになります。

そして、最も最高の並びの役が、日本ではロイヤルストレートフラッシュと呼ばれており、これは10~Aまでの数字が並び、かつ同じマークである役です。
これを揃えるのはかなり難易度が高いですが、プログレッシブ・ジャックポットなら、かなりの賞金が貰えることになります。

ビデオポーカーの数のルール

ビデオポーカーの数のルール

ビデオポーカーの数のルールですが、1であるAが最も強いカードとなっており、Kから下がり、2が最下位の数字になります。
また、Aを端にした並び方ならどちらでも可能ですが、Aをまたいで、数を連続させることは出来ませんので、注意が必要です。
たとえば、Aを跨いで、KからA、2という並び方は無効となります。

カジノゲームで人気のバカラ

カジノゲームの中でも、バカラというゲームは特に人気で面白いゲームと評判です。

バカラは、ゲームの王様、魔物のゲームとも称されています。
本場のマカオなどのアジアのカジノでは特に人気が高く、VIPルームで遊ぶ方も少なくありません。
某企業の御曹司が会社のお金で100億円以上をバカラに費やしただとか、違法カジノのバカラで負けてしまっただとか、ニュースでも話題になるのは、カジノのゲームの中でも、決まってバカラです。

バカラは、人を熱中させるようなさまざまな魅力があるようです。

バカラの面白さと特徴とは?

バカラの面白さと特徴とは?

バカラの面白さは、大金が動きやすいということ、単純明快なゲームで、運次第でゲームの勝敗が決まってしまうというそのわかりやすさが人気の秘訣です。

ルールを一通り知らなかったり、経験が無かったとしても、ディーラーがカードを引いてくれるだけなので、その流れにそって予測すればいいだけの運ゲームです。
しかし、慣れてくれば奥深さもありますので、その点ではまってしまう方が多いのでしょう。

他のゲームとは違い、バカラのハウスエッジは1%と低く、プレイヤー側が非常に勝ちやすいギャンブルなのも魅力となっています。
バカラは、9に近い数字が出る方を予測するというもので、9が最強のカードとなります。
バンカーかプレイヤー、または引き分けに賭けることが出来るのですが、同じ絵柄が揃う場合をペアと呼び、大穴狙いでペアに賭けることも可能です。

それぞれの配当について

バンカーかプレイヤーのどちらかに賭けて、勝った場合には2倍の配当金が貰えます。
ただし、バンカーの場合には、コミッションとして5%が差し引かれますので、プレイヤーにかけた方が金額が大きくなります。

引き分けの場合には8~9倍の配当金が貰えます。このあたりは、カジノによって率も異なります。
ペアに賭けた場合、5~25倍の配当が貰えますし、そのほかにも、ダブルやスモールといって、2枚で終わるか、3枚で終わるかを賭けることも可能です。
この場合、確率が高いということもあって、少ないですが、0.5~1.5倍の配当を受け取る事が出来ます。

バカラの数字の数え方

バカラの数字の数え方ですが、1~9まではその数字通り数えることになり、10は0点、絵柄のカードも全て0点となります。9が最高のカードになり、1桁の数で計算をします。
たとえば、5と6が出た場合には、1という数字になります。

条件によっては3枚目を引くことになり、その場合も、同じように1桁目の数で決まります。