バカラを攻略するためのコツ

カジノで大変人気のあるバカラ。
これを攻略するためにはルールをしっかりと理解する必要があります。

そのために簡単なルール説明を。
バカラの特徴は、あなた自身がプレイをするということではない点にあります。
「えっ、どういうこと?」
ギャンブル初心者から驚きの声が聞こえてきそうです。

バカラはプレイヤー役とバンカー役があらかじめ設定されており、どちらがゲームに勝つのかを予測すればよいのです。
つまり、あなたは直接バンカーやディーラーと対決するのではなく、第三者的な立場で勝負の成り行きを見守ることになるのです。
「ということは、バカラにおけるプレイヤーとは自分のことではないのですか?」
そのとおりです。
バカラにおきましては、プレイヤーはあくまで賭けの対象であって、あなた自身ということにはなりません。
ですから賭ける対象はバンカーサイドの場合も当然生じることになるのです。

「では、どのように賭けの勝負が決定するの?」
これこそまさに核心の部分です。
これから説明していきます。

基本的にはディーラーがプレイヤーとバンカーに2枚のカードを配っていき、その合計における一桁部分が「9」に近いほうが勝ちということになります。
これが勝敗のルールですから、極めてシンプルでしょう?
勝敗の判定がシンプルなため、誰が見てもすぐに理解することができます。
そのため世界中のギャンブラーから支持されており、バカラはカジノの王様とよばれているのです。
これで基本的なルールを理解したことになるのですが、実は一定の条件により3枚目のカードが配られることになります。
そして、この3枚目のカードによりまして、バカラは複雑かつ面白くなるのです。
プレイヤーは最初の2枚の合計数が「5」以下となった場合には3枚目のカードを引くことになります。
ただし、この3枚目のカードは自動的に配られることになり、そのカードにおける数によりましては判定数値が低くなってしまう可能性もありますので、バンカーと比較した場合には若干不利と考えることができます。
そのため、プレイヤーサイドはバンカーサイドよりも配当が高めに設定されており、具体的には2倍の配当を得ることができます。

一方バンカーサイドは、最初の2枚の合計数が「7」以上となる場合には3枚目のカードを引きません。
こうすることで、プレイヤーサイドの自滅を待つことができますので、バンカーサイドのほうが有利となります。
そのため、バンカーサイドに賭けて勝利した場合の配当はプレイヤーサイドよりも若干低めに設定されており、具体的には1.95倍となっているのです。
それから引き分けといった事象もあり得るのですが、これを予想して賭けていた場合には8倍の配当が設定されています。

これらをしっかりと理解して、思う存分バカラを楽しんでみましょう!